若宮の杜 迎賓館

和婚コラム 和婚の魅力について毎月更新していきます。

和婚コラム 福ぷく日和~日本の花嫁~

和装に身を包み たくさんの人に見守られ 新たな家族が生まれる瞬間 多くの感謝と祝福に包まれ 花嫁は輝きます 最良の一日を過ごしていただくために・・・そして素敵な花嫁になるために・・・ 若宮の杜 迎賓館より日本の花嫁への贈り物です

さんさんくど(三々九度)

さんさんくど(三々九度)

結婚式で神酒をいただく儀式のこと。三度を三度重ねることで、縁起がよいとされる陽数(奇数)の一、三、五、七、九の中でも一番大きな九という数字になることから、年を重ねて、幾久しく、家庭が続くようにと願ったもの。夫婦固めの盃ともいわれています。
このほかに親子固めの盃、親族固めの盃など、お酒によって家族関係を「固める」のが日本の結婚式の特徴かもしれません。

お酒はもともと先祖の霊や神を祀るためにつくられてきました。そして集った人々がまず神様に供えた後、みんなで一緒に飲むことで神様に近づくという尊い考えが生まれました。
そしてサケは「栄え水」から、サカエ、サケエ、サケと変化をしたという説もあります。

ちなみに当若宮八幡社は名古屋市中区栄に鎮座しています。まことにおめでたいサケを皆々様笑顔で召し上がっていただきたいものです。

>若宮八幡社 宮司 副野 均

若宮八幡社
宮司
副野 均

※写真はイメージです。

※和婚や神前式の意味等につきましては諸説あります。掲載内容が当てはまらない場合もありますのでご了承ください。

バックナンバー

PAGE TOP